生理痛・生理不順 | ひだか接骨院 西春

ひだか接骨院 西春 生理痛 生理不順 月経前症候群 PMS 頭痛 腰痛 腹痛 捻挫 肩こり 五十肩 シンスプリント スポーツ障害 冷え 冷え性 むくみ ダイエット ぎっくり腰 不眠 自律神経失調症 産後骨盤矯正
ひだか接骨院 西春 生理痛 生理不順 月経前症候群 PMS 頭痛 腰痛 腹痛 捻挫 肩こり 五十肩 シンスプリント スポーツ障害 冷え 冷え性 むくみ ダイエット ぎっくり腰 不眠 自律神経失調症 産後骨盤矯正

生理(月経)が近づいた頃から生理が終わるまでの期間、女性に心身には様々な不快な症状が生じやすくなります。

頭痛、腹痛、乳房痛といった痛みのほか、めまい、吐き気、だるさ、イライラ、むくみ、冷えなども起こります。

こうした生理に伴う体の不調のことを、総じて生理痛と呼びます。

症状・痛みの強さ、起こる時期や長さなどは大きな個人差があります。

ほとんど気にならない程度の女性もいれば、痛みや不快感がひどく、寝込んでしまうなど日常生活に支障をきたす女性もいます。

 

また最近では、過度な運動、ダイエット、ストレスなどによって生理の周期に大きな乱れが生じている「生理不順(月経不順)」の女性も増えています。

生理の期間は正常時なら3~7日間位で、周期は25~38日位が平均です。個人差があるので数日のズレなら問題ありません。目安として、生理周期のズレが6日以内ならば正常で、毎回のように7日以上変動してしまうときは生理不順と考えられています

 

 

ひだか接骨院 西春 生理痛 生理不順 月経前症候群 PMS 頭痛 腰痛 腹痛 捻挫 肩こり 五十肩 シンスプリント スポーツ障害 冷え 冷え性 むくみ ダイエット ぎっくり腰 不眠 自律神経失調症 産後骨盤矯正

骨格や骨盤の歪み、筋肉の過度の緊張や強張り、婦人科系臓器をはじめとするお腹(内臓)の硬さと機能低下、自律神経の乱れなどが生理痛や生理不順の身体的な大きな原因となっています。

また、生理痛や生理不順でお悩みの方に多いのがや代謝の悪さです。


これらは共通しているポイントでもありますので、身体を整え自律神経のバランスを見直し、冷え性を改善していくことで生理痛や生理不順も軽減しやすくなっていきます。


■生理前

月に1回、卵巣から卵子が飛び出す「排卵」が起こると、女性ホルモンの一つである黄体ホルモンの分泌量が急激に増えます。この変化が生理前の生理痛を引き起こす原因となります。

 

黄体ホルモンは子宮内膜を変化させて受精卵の着床を円滑にするなど、子宮を妊娠に適した状態に変化させる働きをもつ。また、妊娠後は新たな排卵、子宮肥大、子宮収縮などの発生を抑え、出産までの間、妊娠を維持させる役目も果たします。

 

黄体ホルモンの急増が自律神経のバランスを崩し、頭痛や腹痛、イライラなどの不調になります。

また、黄体ホルモンの働きによって、乳腺の発達、体温上昇、体内の水分の増加などの変化が起こるため、乳房が痛くなったり、だるさや下半身のむくみも起こりやすくなります。

生理の1~2週間前から生理が始まる時まで続き、「月経前症候群(PMS)」と呼ばれますが生理が始まると黄体ホルモンの量は激減し、症状は見られなくなります。

 

■生理前半

生理が始まる直前から生理期間の前半の期間は、プロスタグランジンというホルモンが急激に増えます。この物質が月経前半の生理痛を引き起こす原因となります。

プロスタグランジンは血圧の上昇・下降、血管の拡張、筋肉や神経への作用など、様々な生理作用をもつ物質で、全身の炎症や痛みの原因物質でもある。

生理時には子宮の収縮を促進し、生理の経血を膣から体外に排出する働きをする。

プロスタグランジンの量が多すぎると子宮の収縮が強まり、キリキリとした痛みが発生します。

また、血管を収縮させる作用によって、腰痛やだるさ、冷えといった症状があらわれます。さらに胃腸の動きにも影響を与え、吐き気や下痢の原因にもなります。

 

■生理後半

生理の後半になると、骨盤周りのうっ血による生理痛が現れやすくなります。

体内の血液の流れが悪くなり、停滞している状態で局部の長時間の圧迫や、冷えなどによって症状が悪化しやすくなります。

 

生理に伴うホルモンバランスの崩れや冷えなどが原因とされ、骨盤周辺の血液の流れが悪くなることで下腹部の鈍痛や腰回りに重苦しさを感じるようになります。